2022年4月中小企業義務化|精神科医のパワハラ対策

心理学に基づくハラスメント予防を補助金を使って実質無料で提供する日本唯一のサービス!

『ウェルネスコンパス』は

『ウェルネスコンパス』の特長

Katariteから問い合わせると...
助成金利用で実質無料!

2022年4月から中小企業で義務化「パワハラ防止法」って何?

労働紛争でパワハラの件数は最多、50%近くの会社にパワハラが存在しています。2020年には過労死の原因のNo1が仕事疲れから職場の人間関係となり過労死ではなく「パワハラ死」と言っても良い状況となってきました。


この流れを踏まえ、厚生労働省が2022年4月より中小企業での義務化を告知しています。


①企業の「職場におけるパワハラに関する方針」を明確化し、労働者への周知、啓発を行うこと

②労働者からの苦情を含む相談に応じ、適切な対策を講じるために必要な体制を整備すること

③職場におけるパワハラの相談を受けた場合、事実関係の迅速かつ正確な確認と適正な対処を行うこと


現在は罰則はないものの、労災や訴訟の際に未実施であると責任が問われ、リスクヘッジとして対応が必要です。

パワハラ防止法対策はどうやって選べば良いの?

まずは、パワハラ対策で必要な「周知、啓発」「相談体制」「適正な対処」を網羅しているか?を確認してください。基本の費用は安いけれど、周知啓発の費用が別になっていたり、「適正な対処」に対するサポートがなかったりするので注意が必要です。


次に「相談窓口」への相談が匿名でできるようになっているか?が重要です。社内相談窓口では、匿名で相談できる仕組みを作らなければならないという点を満たしていないことが多く、こちらも注意が必要です。


最後に、ハラスメントが起きた後ではなく、ハラスメントの予防ができるか?という点が最も重要です。相談窓口を作ったばかりに、対応が必要なケースが増えるばかりで、根本的な原因解決を行う時間がなくなるというパターンは少なくありません。ハラスメント対策では犯人を見つけて罰を与えるのではなく、ハラスメントが起きにくい職場の雰囲気を作ることが重要です。

ウェルネスコンパスは何が違うの?

「相談窓口」を提供するだけのパワハラ対策と異なり、ウェルネスコンパスは、パワハラ防止方対策で必要な「周知、啓発」「相談体制」「適正な対処」を網羅しています。※厚労省確認済みです。


相談窓口が電話だと、コストがかかるわりに事後対策しかできません。ハラスメントの問題のベースには人間関係の悪化があります。ハラスメントだけではなく、組織の無意識の情報を集めることでハラスメントを未然に防ぐ日本でただ1つの精神科医が直接教えるパワハラ対策です。


そして最大の特徴は助成金を利用で実質無料で利用できる点です。心理的安全性に基づくアドバイスでメンタル対策も兼ねることで実現しました。精神科医が直接対応する本プランだからこそ可能な日本で唯一の実質無料で実施できるパワハラ防止法対策です。

Katariteから問い合わせると...
助成金利用で実質無料!

こんな人がつくりました

  • 伊井 俊貴

    メンタルコンパス代表、精神科専門医、愛知医科大学非常勤講師

こんな人に使ってほしい

  • 「パワハラ防止法」に対応する対策を探している方
  • 「パワハラ防止対策」を無料で実施したい方
  • ハラスメントの問題を1人で抱え込んでしまいがちな人事担当者
  • ハラスメントを組織の問題として予防する方法を知りたい方
  • 最新の行動心理学に基づいた対策方法を知りたい方
  • 専門の精神科医による安心して任せられる対策を探している方
Katariteから問い合わせると...
助成金利用で実質無料!

料金

(※) 表示価格はすべて消費税込みです。

料金に含まれるもの

①特許申請のLINEを使った動画トレーニング
②パワハラ対策LINE窓口システム(1年間)
③精神科医のコンサルト2回(オンライン)

サービス提供の流れ

  • 1

    「詳しく聞く」から資料を請求

    プラン概要・助成金の対象を確認

  • 2

    Zoomミーティングで詳しくお話し

    プラン詳細・進め方の流れを確認

  • 3

    従業員にLINEアプリを送付

    準備された文面とQRコードをメール転送

  • 4

    精神科医の組織コンサルで相談

    集まった情報で組織の課題を話し合い

よくある質問

なぜ、実質無料で実施できるんですか?
厚生労働省の「健康保持増進計画助成金」で1事業場当たり10万円を上限に助成されます。
助成金は本当にもらえるのですか?
「労働保険適用事業場検索」で検索されれば助成金の対象になります。
このプランでパワハラ防止法対策ができるんですか?
はい。厚生労働省でLINEを使った窓口システムでも問題ないこと確認しています。
LINEシステムとは具体的にどんなシステムですか?
匿名のLINEシステムを使った、ハラスメント情報の目安箱です。QRコードからLINEの友達登録をすることで、定期的にパワハラに関する質問を匿名で集めます。
LINEシステムでパワハラ被害者へのケアをしてもらえますか?
パワハラを受けた方への返信、ケアは対象としていません。基本的にはパワハラが起きた場合は組織で対応する問題として捉え、精神科医が経営陣、人事担当者にコンサルを行うことで再発防止を行います。希望される場合は追加料金が必要となります。
LINEシステムでパワハラ加害者への指導はしてもらえますか?
パワハラをしてしまった方への指導はしていません。上記同様、パワハラが起きた場合は組織で対応すべき問題として捉えます。パワハラをしてしまった方への安易な指導は問題を悪化させることが多く基本的にはお勧めしていません。
LINEシステムでメンタル不調の方の相談にのってもらうことはできますか?
メンタル不調の方への対応もしていません。メンタル不調の方は中途半端にLINEで相談にのるのではなく必要時はクリニックで診断していただくことをおすすめしています。
LINEシステムに集まった従業員の情報を見ることはできますか?
パワハラ防止法に準拠しており、情報を開示することはできません。従業員が名前や部署の開示を希望した際のみ情報を共有させていただきます。
LINEシステムに集まった情報はどのように活用されますか?
匿名を守りつつ情報を活用するため、精神科医が守秘を持って閲覧し精神科医のコンサルティングで活用します。
精神科医のコンサルではどのようなアドバイスがもらえますか?
LINEに集まった情報と、組織の困りごとをお伺いし、犯人探しではなく組織の心理的安全性を高める方法を相談します。
コンサルを受けた後、レポートはいただけますか?
助成金で提出が必要な「健康保持増進計画」として組織の心理的安全性を高める1年プランを共有します。
助成金の申請方法がわからないのですが・・・
申請方法をサポートします。御社で作成いただく書類はごく簡単な2種類のみです。詳しくはお問い合わせください。
助成金が万が一もらえなかった場合はどうなりますか?
助成金の対象となること厚生労働省に確認済みです。保証付きプランもございますので、詳しくはお問い合わせください。

会社情報

会社名 メンタルコンパス株式会社
代表者名 伊井 俊貴
所在地 愛知県 名古屋市中区
ひとことアピール 日本で唯一精神科医2人で起業した会社です。最新の心理学に基づいて、心理的安全性が高い組織を1つでも増やし、日本のメンタルヘルスの問題と、生産性低下の問題を解決することで、「誰もが自分らしく生きられる」世界を目指します。
『ウェルネスコンパス』
100,000円
Katariteから問い合わせると...
助成金利用で実質無料!
Katariteから問い合わせると...
助成金利用で実質無料!

助成金利用で実質無料!